1980s 洋楽★創作物語

舞台は1980年代。ロンドンから来日した、新人バンドのVo. ジェムの目線で描く、日本人少年ヤスを含むバンド仲間や家族との成長物語。UKバンドを中心とした、あの頃のあの曲が登場!

No.2-014 Mixd Feelings

f:id:usagiara:20220311132547j:plain

ヤスの部屋は、元おじさんの書斎で
防音にしてあるそうだ。

ヤスが躊躇いながらも
ストラップを首に掛けた。
ピカピカに磨かれた
そのアルトサックスは
埃を被ることなく扱われていた証明だ。

「さっきと同じ3曲メドレーで、最初は――」

「『抱きしめたい』」

The Beatles『I Want to Hold Your Hand』Released:29 November 1963 (UK)]

 

即答のヤス。
なんだ、ちゃんと聴いてたんじゃん⁉︎

フレッドがイントロを奏でると
難なくヤスがメロディーを這わせた。
その響きに飲まれないよう
僕は夢中で、音を追いかけた。

とてもブランクがあるとは思えない
ヤスのサックスは凄かった。

「最高だよ、エキサイティング!」
フレッドも興奮している。

久し振りの演奏で
息が上がっているヤスは
少し悔しそうに見えた。

僕等が気になった箇所を調整しようと
演奏に夢中になっていると
ユミコから夕飯の声が掛かった。
もう、そんな時間⁉︎

僕とフレッドは
遠慮なくテーブルに着いた。

珍しい日本料理の数々に
フレッドは目をキラキラさせ
舌鼓を打つ。
ユミコの作るカラアゲと
オニギリの、懐かしい味!

僕等は、さっきの演奏の反省点や
次はこんな曲を演ろうとか
このカラアゲの作り方は? とか
(フレッドは、かなりお気に召したみたいだ)
話題が尽きなかった。

食事はいつも、フレッドと2人で
家政婦さんの作り置きを
温めるだけだから、
こうして4人で囲むテーブルは
幸せで楽しい時間だった。

ヤスも今までにないくらい
表情が和らいでいる。
そんな息子の様子に
ユミコも目を細めた。

 

その日以来
僕とフレッドは、度々ヤスの部屋で
セッションするようになった。

ヤスも少しずつだけど
色々アイディアを出してくれて
僕等の話も、聞いてくれるようになった。

フレッドもヤスに
だいぶ慣れてきたみたいだ。

「大丈夫、僕等は仲良くやっていける」
僕は自信を持った。

始めから読む(No.2-001)

 

f:id:usagiara:20220417115920p:plain

f:id:usagiara:20220416183522p:plain

f:id:usagiara:20220418133004p:plain