1980s 洋楽★創作物語

舞台は1980年代。ロンドンから来日した新人バンドのVo. ジェムの目線で描く、日本人少年ヤスもメンバーのバンド仲間や家族との成長物語。UKバンドを中心とした、あの頃のあの曲 (YouTubeリスト参照) が登場します。イメージ・イラストも掲載中!

No.3-017 Believe In

feat. Pet Shop Boys - West End Girls


「よーし、気合い入れてこうぜ! Club1000 で成功すれば、レコード会社の目に止まる、千載一遇のチャンスだ!」

マークの掛け声で
皆んな張り切って準備を進めた。

そして
熟考を重ねたセットリストに合わせ
一通り演奏し終わると

「そろそろ一息いれようか?」と
トニィがスナックを配り出した。

僕はそのスナックを手にしたまま
マークとフレッドが
曲間について
意見を戦わせているのを
ぼんやり眺めていると

「またやってるな、あの2人」
トニィは僕の手からスナックを奪い
それを頬張りながら、隣に腰を下ろした。

「マークにやり込められてる、弟が心配?」

「まさか、ただ――」

「――ただ?」

「ただマークが凄いと思って。こんな話、どこから持ってくるんだろう? 音楽業界のことも詳しいし、ウォルターの影響だけじゃ無いような気がするけど……」

考えてみると
出会ってから一年にもなるのに
彼に関して、知らないことばかりだ。

「オレもクリスマス・ホリデーでLAに帰る時、カナダの家族のことを聞いたんだけど、はぐらかされたよ。あいつは帰ってないはず」

トニィはスナックの空袋を
クシャッと丸め

「それ以来、プライベートなことは訊かないようにしている」
とコーラを一気に、飲み干した。

マークはいつも
おちゃらけてて楽しい奴だけど、
僕等メンバーは誰一人
彼のプライベートに
立ち入ることはできなかった。

もちろん皆んな、マークを信頼してるし
今さら過去を掘り起こすつもりもない。
だけど、サングラスに隠された
彼のブラウンの瞳が時々曇るのを
僕はだいぶ前から気付いていた。

そんな僕等がマークに関して
唯一、分かっていること
それは――


「じゃあ、お疲れちゃん」

「マーク、そっちは駅じゃないよ?」

「ああ、今のGFこの近くに住んでるんだ。『West End Girls』には懲りた。じゃあな!」

Pet Shop Boys『West End Girls』Released:28 October 1985]

 

って、かなり女たらしだってこと!

始めから読む(No.3-001)

 

 ロンドンは金融地区のシティを中心に、西側はウエスト・エンドというハイソでお洒落なエリア。セント・ブライアンズのある東側は、イースト・エンドという下町で、貧困層と移民層が住む治安の悪いエリアでした。
 ペット・ショップ・ボーイズの『ウエスト・エンド・ガールズ』は、ハイソ女子達への皮肉が混じる、イギリスらしいお洒落サウンド。でもこのMV、歌っているニールより半分透けているクリスが、気になってしょうがないw