1980s 洋楽★創作物語

舞台は1980年代。ロンドンから来日した、新人バンドのVo. ジェムの目線で描く、日本人少年ヤスもメンバーのバンド仲間や家族との成長物語。UKバンドを中心とした、あの頃のあの曲が登場します。時々イメージ・イラストも掲載!

No.2-017 Mixd Feelings

f:id:usagiara:20220311120749j:plain

「あのね⁉︎ 僕は、ただ音楽を演りたいんじゃない。ヤスとフレッドと一緒に演りたいんだ。君が必要なんだよ!」

「……もうサックスは辞めたんだ」
僕の勢いに、後退るヤス。

「君がサックスを辞められるわけないよ。現に今だって――」

言いかけた言葉をさえぎるように
ヤスが熱くなる。

「勝手に決めつけるな! そうやって人のこと、何でもお見通しな態度、頭にくる!」

「2人とも、やめなよ」

一気に険悪なムードになって
フレッドも心配している。

僕はフレッドに目で
〝大丈夫〟と合図し、続けた。

「実際、僕は君のこと分かってるつもりだけど? 小さい頃からの仲だもの」

「6年も離れてたのに⁉︎ あんなガキの頃とは性格なんて、変わるに決まってる」

「確かに昔に比べると、ちょっとひねくれてるけどね」

僕はフフッと笑うと
真っ直ぐヤスの目を捉えた。

「でも『忘れないで』って言ったのは、君だよ?」

そして、ゆっくりヤスに近づく。

「君は全然変わってないよ。サックスは辞めない」

ヤスは憤然として
声を荒らげた。

「何でそう言い切れる? 自分のことは自分が一番良く分かってる。ジェムが俺をどう思おうと勝手だけど、好奇心はたくさんだ!」

「好奇心って、そんなんじゃないよ……」

そうなんだ
ヤスの頑なな態度に
数年前の自分が重なって
放っておけないんだ。

自分で自分を、どんどん深みに追い込んで
どうすることもできなくなって……

僕は誰かが助けてくれるのを
待っていたのかもしれない。

だけどヤスは違う。

始めから読む(No.2-001)

 

 とても思春期な内容で小っ恥ずかしいですが、これは自分自身がこの年頃の時に実際にあった、友達とのやりとりが含まれています。
〝I need you〟がパワーワードだったあの頃に、こうして書いて残さなかったら、大人になった今では忘れてしまったかもしれない……そう思うと恥ずかしながらも、大事にしたいエピソードなのです。