1980s 洋楽★創作物語

舞台は1980年代。ロンドンから来日した新人バンドのVo. ジェムの目線で描く、日本人少年ヤスもメンバーのバンド仲間や家族との成長物語。UKバンドを中心とした、あの頃のあの曲 (YouTubeリスト参照) が登場します。イメージ・イラストも掲載中!

No.3-015 Believe In

ちょっとしたフレーズや小曲なら
僕も今までいくつか作ってきたけど
ちゃんとした作曲となると
経験があるのは、マークだけだった。

なので、開店前の
セント・ブライアンズに集まり
マークに色々教わりながら
何とか形にしていった。

問題は〝詩〟

ここで、またもや弟の
新たな才能が発覚したんだ!

「えっ、詩ったって、あんまりちゃんとしたヤツじゃないよ?」

フレッドが照れながら
見せてくれたノートには
ラフなイラスト(女の子の絵⁉︎)
と共に、細かいフレーズが
いくつも散りばめられていた。

ここからアイディアを集めれば
歌詞として、まとまりそうだ。

でき上がった曲を
ウォルターに聴いてもらおうと
僕等は彼の前で演奏してみた。

「うーん――」

ウォルターは、渋い顔をしながら
演奏を終えた僕等を見渡している。
やっぱり、まだまだなんだろうか……

不安げな僕の横を、マークが通り過ぎて
ウォルターと向き合う。

すると

「It's so amazing ! やるじゃないかマーク」
「――だろ⁉︎」

2人は抱き合いながら
お互いの肩をバシバシ叩いた。

「とても出会ったばかりとは思えない。5人とも息がピッタリだ! 曲もいいものを持ってるし、良かったなマーク」

ウォルターが嬉しそうに
マークの頭を大きく撫でた。
そして、店で演奏するよう
言ってくれたんだ!

僕等の評判はなかなか良くて
特に女の子のお客さんが増えて有難いと
ウォルターは喜んだ。

それからマークは、僕のバイト先が
レコーディング・スタジオだと知ると
「なんだよ、早く言えよ⁉︎」
とスタジオまで付いてきた。

スタジオ・オーナーのライリーは
職人気質かたぎの貫禄ある強面こわもて
僕は正直ちょっと苦手なんだけど
マークはあっという間に
ライリーやスタッフ達と打ち解けた。

始めから読む(No.3-001)

 

 フレッドの設定には、ところどころ a-ha のポールをモデルにしています。アイディア・ノートもそう。このノートにポールはGF(現奥様)のイラストを描いてますが、フレッドが描いた女の子は、誰なんでしょうね〜(ニヤニヤw)