1980s 洋楽★創作物語

舞台は1980年代。ロンドンから来日した、新人バンドのVo. ジェムの目線で描く、日本人少年ヤスを含むバンド仲間や家族との成長物語。UKバンドを中心とした、あの頃のあの曲が登場!

No.1-003 Mollycoddle

f:id:usagiara:20220115132140j:plain

僕はロンドンの高級住宅街と
呼ばれるエリアに

ダッド[父]のウィリアム・アラン・スチュアート
マム[母]のステイシー・アン・スチュアート
未亡人のナニー[乳母]Mrs.ジョーンズ
弟のフレッド、そして
ブリティッシュ・ショートヘア[猫]ベルの
5人と一匹で住んでいた。

ダッドの仕事は、詳しくは分からないけど
彼の知人が経営するレストランで
ギターを弾いていたのは知っていた。

マムのステイシーは
16歳の頃からモデルをしていて
雑誌の表紙を飾ったことも、あったとか。
女優にならないか、という話も
あったらしく……
まあ、美人ではあるね。

もちろん、最初から売れっ子だった
わけじゃないよ。

僕が5歳くらいの時かな?
彼女がショーのモデルとして
パリやミラノに行くようになり
ほとんど家に、居無くなったのは。

だから僕等の面倒は、全て
Mrs.ジョーンズがみてくれていた。
僕等にとって、Mrs.ジョーンズは
グランマ[祖母]のような存在だったんだ。

この頃になると、ダッドの知人の
レストラン経営が芳しくなくて
アランとステイシー夫婦は
会えば喧嘩するようになっていた。

喧嘩といっても、大抵
ステイシーが何かまくし立て
ダッドが悲しそうに佇む……そんな印象。

始めから読む(No.1-001)

 

 高級住宅街に住むようなご家庭の英国人なら、ペットがいて当たり前と資料本に出ていたので、ネコちゃん御登場。ワンコは〝誰が散歩させる?〟ってなっちゃうのでね。でも後々、ワンコも登場いたします〜🐾໊