1980s 洋楽★創作物語

舞台は1980年代。ロンドンから来日した、新人バンドのVo. ジェムの目線で描く、日本人少年ヤスを含むバンド仲間や家族との成長物語。UKバンドを中心とした、あの頃のあの曲が登場!

No.1-022 Mollycoddle

f:id:usagiara:20220115211912j:plain

「マム、式の時は気丈にしてたけど、部屋に戻った途端に泣き崩れたの、僕見ちゃったんだ。なんとなくその時、マムはダッドのこと、まだ愛してたんじゃないかって思っちゃった……」

フレッドは顔を上げると
真っ直ぐ僕を見据えた。

「ジェムがこんな所に居たから、お葬式に出れなかったなんて、天国にいるダッドが可哀想だよ。ジェムの馬鹿! ずっと此処に居ればいいんだ!」

そう怒鳴ると
駆け出して行ってしまった。

 

……僕が、ちゃんと家に居たら
ダッドに会えたんだ――

 

その事実に、愕然となっていると

「なあ少年? 親だって所詮は人間、いい加減なもんだ。期待する方が間違ってるんだ」

いつの間にか、出てきたエースが
肩を叩いてきた。

その時、僕は気付いたんだ。
彼等がどういう事情で、此処にいるかなんて
今まで考えたこともなかったと。

エース、スティック、ファズ
彼等の本名さえ、僕は知らない。
きっと皆んな、それぞれ事情を
抱えているんだろう。

僕は狼狽し、フレッドにあんな態度を
とったことを後悔した。
ダッドがじっと、僕を見つめているような
そんな気がした。



――強い男になるんだ。
  誰も傷つけないくらい強く――

 

↑ダッドに会えてたら…なジェムの想像!? 彼の中のダッドは、まだ20代の1970年代で記憶が止まってるので、ちょっとロン毛なんですw