1980s 洋楽★創作物語

舞台は1980年代。ロンドンから来日した、新人バンドのVo. ジェムの目線で描く、日本人少年ヤスもメンバーのバンド仲間や家族との成長物語。UKバンドを中心とした、あの頃のあの曲が登場します。時々イメージ・イラストも掲載!

No.1-001 Mollycoddle

f:id:usagiara:20220115132136j:plain

「お疲れ様!」「最高だったよ!」

関係者やスタッフ、マネージャーが
僕等を笑顔で迎えてくれた。

今日は僕等のバンド
The Starlight Night の
日本公演の初日で、ちょうど今
渋谷公会堂でのライブが
終わったところ。

僕等はプロモーション・ツアーの
真っ最中で、2週間前
オーストラリアから
スタートしたばかりなんだ。

日本が終わるとアメリカ、カナダ、
ドイツ、そして本国イギリスを
回る予定だ。

 

あっ、紹介が遅れちゃったね⁉︎ 
僕は The Starlight Night の
ヴォーカルとギターを担当してる
ジェムです、よろしく!

ついでに、メンバーを紹介すると

 

僕等のベイビィリーダーになりつつある
ドラムのトニィ・ダスティ。

僕の弟フレッドは
キーボードとギターを担当。

サックスは、最年少18歳!
僕の幼馴染みの岡部恭草
通称ヤス。

そして、このバンドの生みの親
ベース担当のマーク・テイラーの
5人組だ。

 

僕等のファースト・シングル
「Everything For You」は
先週付けのチャートで
全英3位、全米8位と絶好調! 

まだデビューしたばかりなのに
これは、凄い奇跡だよ⁉︎

「さあ、急いでホテルに戻ろう」と
マネージャーのスティーブンが
足早にやって来て
僕等は急かされるよう
車に乗り込んだ。

ホテルに着き、誘導された
コンファレンス・ルームの扉を開くと

 

〈パーン! パ、パーン!〉

 

クラッカーの音が一斉に鳴り響き
スタッフの皆んなが、声を揃えた。

 

「「全英No.1、おめでとう!」」

 

 先ずメンバー紹介を ٩(。˃ ᵕ ˂ )وイェーィ♪
A Iで作ってみましたよ。メンバーのイメージに近いモデル画像を元に顔をイジって作るんだけど、マークだけ出来なかったのは、髪型のモデルが a-ha のモートンのような、ソフトリーゼントだから。今時そんな髪型のモデル(しかも正面顔。髭ヅラは却下w)なんて、いないのよね……

f:id:usagiara:20220117092742j:plain

 本当は、ジェムの髪は結べるくらいの長さだし、フレッドも眼鏡男子にしたかったし、ヤスも当時流行りのツンツンヘア。トニィだけはイメージぴったり♩――なんて言ったところで伝わりづらいので、1985年の末頃に描いた、当初のイメージを晒しちゃう! ↓(≧∇≦)

f:id:usagiara:20220117131624j:plain

 いや〜ファッションは、しっかり85年当時の感じが出てるけど、絵柄が70年代っぽいですねぇ(まぁ絵柄は今も、アップデートされてないですがw)
 これだけだとマークがあんまりなので、右は今、描いたらこんな感じというオマケ。でもやっぱりA Iで見てみたいので、頑張ってモデル画を探さなくちゃ!