1980s 洋楽★創作物語

舞台は1980年代。ロンドンから来日した新人バンドのVo. ジェムの目線で描く、日本人少年ヤスもメンバーのバンド仲間や家族との成長物語。UKバンドを中心とした、あの頃のあの曲 (YouTubeリスト参照) が登場します。イメージ・イラストも掲載中!

No.3-013 Believe In

「君達、ドラマーいらないか? 昨日ずっと見てたんだけど、途中でベースの奴が入ってきただろ? オレだってドラムがあったら、飛び入り参加したのに!」

彼は悔しそうに拳を振って
話を続けた。

「君達が此処から出て来たときに声を掛けようとしたんだけど、あっという間に行っちゃっただろ? ずっと気になってて……で、来てみた」

「だからって、何もこんな時間に来なくても」
呆気にとられる僕等を見て
彼は恥ずかしそうに説明した。

「実はフラット・メイトに追い出されたんだ、打音がうるさいって。でもなんだか無性に叩きたくて、此処なら大丈夫かな〜なんて」

そして、頭を掻きつつ
自己紹介。

「オレはトニィ・ダスティ。先月LAのハイ・スクールを卒業して、ロンドンの音楽学校に留学に来たんだ」

「トニィ・ダスティだって?」

突然、後ろから声がして

「マーク? どうして⁉︎」

僕等は一斉に振り向き驚く。

「モニカ……GFの家、この近くなんだ。なんか彼女がヒステリーで、引き上げて来た。そこ、駅への近道」

親指を通りに向けると
マークはトニィに向き直った。

「あんた、この前アラジンってバンドのオーディション受けたろ⁉︎ セント・ブライアンズのマスターから聞いてない? オレがマーク・テイラー、よろしく!」

「えっ、じゃあ紹介したいバンドって――」

2人は笑顔で
握手を交わした。

 

こうして、メンバーが勢揃いしたんだ!

 

気付けば日も陰り
短い夏の夜が、始まろうとしていた。
薄い夕闇から覗く月明かりが
僕等を覆い出す。

「なんか……不思議だね?」

フレッドが呟いて続けた。

「だってさ、このスターライト・ルームで、偶然にもメンバーが揃うなんて……出会いは、スターライト・ルームってことだよね? 運命的なモノを感じるな――」

皆んな一様に頷いた。

始めから読む(No.3-001)

 

 元々ロンドンじゃ、そんなに星は見えないと思うんですよ。しかもこの時期は満月っぽくて、全然「Starlight Night(星月夜=月は出てないけど月のように星が明るい夜)」じゃない……
 でも運命の出逢い感は大事!ってことで、無理くりメンバーを集合させました(笑)5人も描くの、面倒臭いんですけどね( ̄∀ ̄)