1980s 洋楽★創作物語

舞台は1980年代。ロンドンから来日した、新人バンドのVo. ジェムの目線で描く、日本人少年ヤスもメンバーのバンド仲間や家族との成長物語。UKバンドを中心とした、あの頃のあの曲が登場します。時々イメージ・イラストも掲載!

No.2-006 Mixd Feelings

f:id:usagiara:20220311110932j:plain

まだ片付いていない家の中で
段ボールの山に埋もれているヤスを見て
一瞬、唾を飲み込んだ。

ヤスはすっかり
変わっていたんだ。

ルックスではなく、もちろん背も伸びて
凄く成長していたんだけど
何ていうか、雰囲気が……

僕は戸惑いを隠すように
笑顔を作った。

「Hi、ヤス! 見違えちゃったね。帰ってきてくれて嬉しいよ」

「僕、ジェムの弟でフレッド。よろしくね?」
フレッドも笑顔で、手を差し伸べた。

ところが、あいつの返事は
どうだったと思う?

段ボール箱を両手に抱え
上目遣いに、僕等をチラッと見て一言。

「邪魔、どいて」

そりゃ、引っ越して来たばかりで
邪魔なのは確かだけど
いきなり、この言い草は酷くない?

「おい、ヤス⁉︎」

僕は一歩、彼の前に進むと
彼は僕を無視して
階段を上がって行ってしまった。

その様子を遠巻きに見ていたユミコが
〝期待を裏切られた〟といった表情で
溜め息を吐き、僕等に謝ってきた。

「取り敢えず帰ろう?」とフレッドが
困惑している僕の腕を掴んだ。

それから後
僕の機嫌が悪かったのは
言うまでもない。

僕一人、はしゃいじゃって
バカみたいじゃないか!
凄くがっかりしたよ……

フレッドが僕の好物の
トライフルを作って
慰めてくれたっけ。

※グラスの中にスポンジケーキやクリーム、フルーツなどを重ねたイギリスのデザート

 

次の日、ユミコが
昨日のお詫びと挨拶を兼ねて
日本のお菓子を持って、やって来た。

始めから読む(No.2-001)

 

f:id:usagiara:20220417205831p:plain