1980s 洋楽★創作物語

舞台は1980年代。ロンドンから来日した、新人バンドのVo. ジェムの目線で描く、日本人少年ヤスを含むバンド仲間や家族との成長物語。UKバンドを中心とした、あの頃のあの曲が登場!

No.2-003 Mixd Feelings

f:id:usagiara:20220311110922j:plain

その頃のヤスは、とても大人しくて
彼の母、ユミコのスカートの影から
おずおずと挨拶したのを覚えているよ。

大きな黒目で、たどたどしく
英語を話すヤスが可愛くて
弟のフレッドを思い出させたっけ……

ヤスは僕が学校から帰るのを
心待ちにしていて
僕がヤスの家に行くと、ユミコが
いつも温かく迎えてくれたんだ。

ユミコは在宅で
翻訳の仕事をしていて、
たまに通訳の依頼で家を開ける時は
ヤスを僕の家に預けることもあった。

Mrs.ジョーンズも、メアリーも
ヤスをとても可愛がっていたよ。

ヤスも、Mrs.ジョーンズの焼くスコーンと
メアリーが読んでくれる絵本を
とても気に入ってたみたいだ。
(ちょっとヤキモチ焼いた僕が泣かせたことは、忘れてるといいけど!)

ヤスのお父さんは
アメリカの大学を出て
大手メディアに所属。
世界中を駆け回っていたそうで
滅多に家にいることは無かった。

ヤスのお父さんの記憶は
僕にはもう、ほとんど無い。
ただ一つ、鮮明に覚えているのは――

◇ ◇ ◇

僕が8歳で、ヤスが5歳の頃。
いつものようにヤスの家に行くと
珍しく家に居たおじさんが
サックスを吹いていた。

ヤスがサックスを吹くのは
もちろん、父親の影響だ。

始めから読む(No.2-001)

 

f:id:usagiara:20220413130812p:plain