1980s 洋楽★創作物語

舞台は1980年代。ロンドンから来日した、新人バンドのVo. ジェムの目線で描く、日本人少年ヤスもメンバーのバンド仲間や家族との成長物語。UKバンドを中心とした、あの頃のあの曲が登場します。時々イメージ・イラストも掲載!

No.1-015 Mollycoddle

f:id:usagiara:20220115195514j:plain

ある日、繁華街の裏手で
声を掛けられた。

「良いとこのお嬢ちゃんが、こんな場所にいちゃいけないな~」

振り返ると
僕とそう年が変わらない少年が
ニヤニヤしながら立っていた。

典型的な、ワーキング・クラスの彼
ファズに連れられて、繁華街の中でも
物騒なエリアに入り込んだ。

真っ昼間だって
〝キチッとした格好の人間は歩けない〟
そんなエリアにある、フラットの空き室には
ファズと仲間のエース、スティックの
3人を中心に、他にも入れ代わり立ち代わり
柄の悪い連中が出入りしていた。

彼等はBAD MOUTHという
バンドを組んでいた。以前は紅一点の
リンダがヴォーカルだったけど
彼女が喉を痛めてからは
リーダーのエースが
ヴォーカルとギターを担当していた。

エースは僕のギターの腕を知ると
度々ステージに、上げてくれたんだ。

下心有り有りで、僕を連れてきたファズは
僕が男だったことに
ショックを受けていたのは笑ったな。

 

夏休みになると、ステイシーは僕を
サマーキャンプに行かせようとしたけど
僕はドタキャンして
ファズ達のいるフラットに向かった。

そのまま僕は、この髪を変な色に染めたり
穴という穴にピアスをしたり
得体の知れないものを
ジャラジャラぶら下げたり
布をビリビリに破いた服を着ていた
3人組と、過ごすようになった。

始めから読む(No.1-001)

 

 エース[17歳:Vo, Gt]ファズ[15歳:Ba]スティック[18歳:Dr]全部ニックネーム。本名は……(知らんw)

f:id:usagiara:20220319204857p:plain