1980s 洋楽★創作物語

舞台は1980年代。ロンドンから来日した、新人バンドのVo. ジェムの目線で描く、日本人少年ヤスを含むバンド仲間や家族との成長物語。UKバンドを中心とした、あの頃のあの曲が登場!

No.1-014 Mollycoddle

f:id:usagiara:20220115201604j:plain

それでも、メアリーが無事に
女の子を産んで会わせてくれた時は
嬉しかったな。

この小さな命が、僕に
笑いかけてくれるのを見ていたら
メアリーが一大決心して
ローランドに付いて行ったのは
正しかったと思えたんだ。

◇ ◇ ◇

メアリーという、心の支えを失った僕を
見兼ねたミスターが
ギター教室に通わせてくれた。

先生はロックにも明るく
色々教えてくれたんだけど
もう、あの頃のように
夢中になって弾くことは
できなかった。

シニア・スクール[私立中学校]に
入学しても、僕は淡々と
日々を過ごしていった。

そして、これまでずっと面倒を
見てくれていたMrs.ジョーンズも
高齢を理由に、娘夫婦に引き取られて
行ってしまった。

後任は住み込みではなく
都度、ハウスキーパーやシッターが
派遣されてくる形となり
僕は本当に、独りぼっちとなってしまった。

英語があまり話せないハウスキーパー
19時で帰ると、段々と虚しさが募り
独りで家にいるのが、辛くなった。

 

こうして14歳の僕は、度々夜の繁華街を
彷徨くようになっていった。

始めから読む(No.1-001)

 

 この物語を書くにあたって困ったのが、イギリスは子供を一人にしちゃダメなこと。お留守番はもちろん、学校の送り迎えも保護者が必要なんです。親は仕事でいない設定にしたいけど、子供を一人にできない……そうなると登場するのが、ナニーやベビーシッターさん。ジェムが一人行動できる中学生を待って、Mrs.ジョーンズは引退させていただきました (^^ゞ
 ナニーの名前を考えた時に〝ミセス○○〟と言えば〝ジョーンズ〟と即答だったのは、この曲がインプットされていたからかも⁉︎↓