1980s 洋楽★創作物語

舞台は1980年代。ロンドンから来日した、新人バンドのVo. ジェムの目線で描く、日本人少年ヤスもメンバーのバンド仲間や家族との成長物語。UKバンドを中心とした、あの頃のあの曲が登場します。時々イメージ・イラストも掲載!

No.1-006 Mollycoddle

f:id:usagiara:20220117145228j:plain

「なあ、ジェム?」

ダッドは僕のことを、ジムやジミーではなく
〝ジェム〟と呼んでいた。

「見てごらん、星が出てきたね? 僕の故郷では、この何倍もたくさんの星が輝いているんだよ。まるで宝石のようにね」

空を見上げるダッド。

「ジェム、僕の宝石Gem――いつか君に、あの星空を見せてあげたい……

ダッドの故郷は
ロンドンから離れていたので
僕はまだ、一度も
行ったことは無かった。

「グランマ[祖母]は、優しくて好きだよ。グランダディ[祖父]には、会ったことないけど」

この頃は、ダッドの母親だと思っていた
祖母のキャサリンが、
ダッドの義母だとは知らなかったんだ。

僕等が住んでいるロンドンの家は
キャサリンから与えられたものらしく
その経緯には、ダッドの複雑な家庭環境が
影響しているみたいだ。

でもその頃の僕に、そんなことは
知る由もなかったけれど。

「此処は本当に、静かで良い所だな。そうだ、此処をスターライト・ルームと呼ぼう。ジェム、これをあげるから、これからも此処でギターを弾くといい」

そう言って、僕の手に
ガーデンの鍵が渡されたんだ。
僕は驚きと喜びで、舞い上がったよ!

「さぁ、風邪を引かないうちに帰ろう」
ダッドは、フレッドを抱えて立ち上がり
ゆっくりと歩き始めた。

僕は慌ててギターを背負い
ダッドの背中を追った。

そしてダッドは、家に入る前に
立ち止まって呟いた。

「ジェム、強い男になるんだ。誰も傷つけないくらい強く……

 

この時のダッドの背中を
僕は永遠に、忘れない――

始めから読む(No.1-001)

 

 日本語の感覚だとジェームズを略してジェムって感じがするのに、ジェムって呼び方そうそう聞かない……昔TVで観た、映画『アラバマ物語』の主人公の息子がジェムだったので〝ジェムっているじゃん〟って喜んだのは覚えてるけど。
 他にいるのか調べたところ『赤毛のアン』のアンの長男がジェムでした。小学生の頃シリーズを読んでいたので、頭の片隅に残っていたのかも⁉︎〝My Gem〟は、そこから拝借してみました。