1980s 洋楽★創作物語

舞台は1980年代。ロンドンから来日した新人バンドのVo. ジェムの目線で描く、日本人少年ヤスもメンバーのバンド仲間や家族との成長物語。UKバンドを中心とした、あの頃のあの曲 (YouTubeリスト参照) が登場します。イメージ・イラストも掲載中!

EVERYTHING FOR YOU

No.1-011 Mollycoddle

僕が10歳の頃、メアリーは何だか思い詰めている様子が続いた。 「どうしたのメアリー? 何かあった?」 彼女は理由を言ってはくれなかったけど強く抱き締めてくれたよ。 「ありがとうジェム。優しい子ね、大好きよ」 彼女の腕の中で僕はとても幸せな気分に浸…

No.1-010 Mollycoddle

彼女は一人っ子だったせいか弟のように、可愛がってくれたよ。 それに、ダッドとフレッドと離ればなれになってしまった僕にとても同情的だった。 僕は本気で思ってたんだ。「大きくなったら、メアリーと結婚するんだ。ダディとマムのように、別れたりしない…

No.1-009 Mollycoddle

メアリーに演奏を褒められてとても嬉しかった僕はたちまち彼女に夢中になった。 彼女とヤスのお陰でダッドとフレッドがいない寂しさを忘れることが、できたんだ。 とはいえ、僕は両親の離婚で深く傷ついていたと思う。 愛する人が離れていってしまうことを …

No.1-008 Mollycoddle

僕は小さい頃から母親を好きではなかった。例え母親と離れることになっても父親と一緒にいたかった。 なのに 「ダディは僕を置いていった。ダディは僕ではなく、フレッドを選んだ」 そう思ってしまい、弟のことも憎らしくなってしまった。 だから、2人に会…

No.1-007 Mollycoddle

事件は、次の日に起こった。 昼食の後、ダッドとステイシーが車に荷物を積み出した。 「ねえジェム、旅行でもするの?」フレッドがキョトンとしている。 「知らないよ、そんなこと聞いてない……」 支度が終わるとダッドはフレッドを車に乗せた。遠くで様子を…

No.1-006 Mollycoddle

「なあ、ジェム?」 ダッドは僕のことを、ジムやジミーではなく〝ジェム〟と呼んでいた。 「見てごらん、星が出てきたね? 僕の故郷では、この何倍もたくさんの星が輝いているんだよ。まるで宝石のようにね」 空を見上げるダッド。 「ジェム、僕の宝石Gem――…

No.1-005 Mollycoddle

夕飯を終えた、僕とフレッドを連れてダッドはガーデンに向かった。 まだ寒さの残る、外気の中スターライトを弾くダッドに見惚れ思うように弾けない自分にむくれて見せた。 「何でそんなに、指を動かせるの⁉︎ 僕も本当に、スターライトを弾けるようになる?」…

No.1-004 Mollycoddle

僕が6歳を過ぎた辺りからダッドはほとんど家に居るようになった。 ダッドが子供用のギターを買ってくれたから「大きくなったら、ダディと一緒のステージに立つんだ!」って意気込んでいたよ。 ギターが上手で優しいダッドは大好きだったけど家には帰らず、…

No.1-003 Mollycoddle

僕はロンドンの高級住宅街と呼ばれるエリアに ダッド[父]のウィリアム・アラン・スチュアートマム[母]のステイシー・アン・スチュアート未亡人のナニー[乳母]Mrs.ジョーンズ弟のフレッド、そしてブリティッシュ・ショートヘア[猫]ベルの5人と一匹で…

No.1-002 Mollycoddle

「「全英No.1、おめでとう!」」 この台詞を浴びてから1時間ちかく経ちアルコールに弱い僕はそっとパーティーを抜け出した。 ホント、お祭り好きな奴ばっかなんだ。全英No.1で、あんなにはしゃいじゃってさ。 確かに、奇跡としか思えなくて僕だって心…

No.1-001 Mollycoddle

「お疲れ様!」「最高だったよ!」 関係者やスタッフ、マネージャー、皆んなが笑顔で迎えてくれた。 今日は僕等のバンドThe Starlight Night の日本公演の初日で、ちょうど今渋谷公会堂でのライブが終わったところ。 バンドはプロモーション・ツアーの真っ最…

Prologue

We want the world and we want it nowオレ達は世界を手にしたい、それも今直ぐにだ ※The Doors『When the Music's Over』Released:25 September 1967 この世界の誰かが言った台詞。 僕も世界が欲しいから 此処にいるんだ。 だけど僕は、時々考えてしまう。…

あらすじ & メンバー紹介

「EVERYTHING FOR YOU」全10章、あらすじをまとめて、章タイトルの和訳も付けました! しょっぱなから「Mollycoddle(マリカドル)」って意味分からんし、読めないしね(汗)ちゃんと物語は完成しているのに、更新が遅々として進まないのは、お絵描きがなか…