1980s 洋楽★創作物語

舞台は1980年代。ロンドンから来日した、新人バンドのVo. ジェムの目線で描く、日本人少年ヤスを含むバンド仲間や家族との成長物語。UKバンドを中心とした、あの頃のあの曲が登場!

−−No.2 Mixd Feelings

No.2-024 Mixd Feelings(章末)

「素直に『一口ください』って言いなよ?」 「一口くれー!」 テーブルを揺らすマークの前にラーメンを置くと彼の〝一口〟で一気に減ってしまい目が点になる僕。 「……美味しい?」 「Yum Yum !」 結局マークは、僕のラーメンを全部食べてしまった。(既に餃…

No.2-023 Mixd Feelings

周りを気にしなくなると皆んな彼を、遠巻きにするようになり一人でいても、なんてことはないと気付いたヤスは、ますます周囲に壁を築いていった。 そのことを、僕に指摘されるまで気にも留めなかったと言う。 フレッドが「最初に挨拶したとき『邪魔、どいて…

No.2-022 Mixd Feelings

意を決したヤスは大きく深呼吸し僕等のギターに、タイミングを合わせる。 流れるサックスの音色。進めば進むほど奏でる音に、喜びがあふれ出す。 ひとしきり演奏が終わるとパラパラと拍手が聞こえた。 ガーデンの入り口から何人かのギャラリーが入って来てい…

No.2-021 Mixd Feelings

「ジェム、連れてきたよー!」 10月のハーフターム[学期中の中休み]に入ると、僕等はスターライト・ルームに集まった。 サックスの入ったケースを抱えたフレッドの後ろに、ヤスがいる。 「おい、いい加減に返せよ⁉︎」ヤスは呆れ顔だ。 やっぱり、フレッドに…

No.2-020 Mixd Feelings

彼は一瞬、顔を引きつらせ思い切り吹き出したんだ。僕は途端に、恥ずかしくなった。 「――いらっしゃいませ、ヤスアキクン。何が可笑しい⁉︎」 「何ってなんだよ、その格好⁉︎」 ヤスは肩を震わせ笑ってるよ! 「何って、制服だけど!?」 「まさかジェムのバイト…

No.2-019 Mixd Feelings

feat. New Order - Blue Monday 階段から降りてきた僕を見てユミコは小さな悲鳴をあげた。そして直ぐ、車で病院に連れて行ってくれた。 僕の額は、2針ほど縫うことになりユミコは僕とステイシーに、謝り続けた。 ユミコの横で項垂れるヤスは僕を見ようとは…

No.2-018 Mixd Feelings

彼は誰の助けも、必要としない。彼は他人に、何も望んでいない。彼は決して、間違ってはいない。 勉強もスポーツも完璧で口を挟む隙もないヤスに誰も何も言えないんだ。 でも、まだ13歳の少年が完璧でいること自体が問題なのをなぜ、ユミコや先生や僕等が心…

No.2-017 Mixd Feelings

「あのね⁉︎ 僕は、ただ音楽を演りたいんじゃない。ヤスとフレッドと一緒に演りたいんだ。君が必要なんだよ!」 「……もうサックスは辞めたんだ」僕の勢いに、後退るヤス。 「君がサックスを辞められるわけないよ。現に今だって――」 言いかけた言葉をさえぎる…

No.2-016 Mixd Feelings

ジャズ、ジャズ、ジャズ! ダッドからはクラシックギター教室ではポップス&ロックバンド時代はパンク、ニューウェーブと今まで、それなりに演ってきたけどジャズはまったくノーマークだった。 僕等兄弟は、お小遣いを叩いてリズムマシンとベースシンセを購…

No.2-015 Mixd Feelings

feat. John Coltrane - My Favorite Things それから暫くたった、あの日なぜかヤスは、妙にピリピリしていた。サックスの音色も硬い。 「何かあった?」 僕とフレッドが聞いてもムスッとしたままのヤス。これは……空気を変えねば! 「そうだ、たまには外で演…

No.2-014 Mixd Feelings

feat. The Beatles - I Want to Hold Your Hand ヤスの部屋は、元おじさんの書斎で防音にしてあるそうだ。 ヤスが躊躇いながらもストラップを首に掛けた。ピカピカに磨かれたそのアルトサックスは埃を被ることなく扱われていた証明だ。 「さっきと同じ3曲メ…

No.2-013 Mixd Feelings

feat. The Beatles - She Loves You 「彼、どう変わるかな? 確かにさっきのヤスは、ちょっと可愛かったけど」 このフレッドの台詞に「可愛いだって⁉︎ アハハッ!」と声を出して笑ってしまった。 「なんだよ⁉︎」ブスッとするフレッド。 「だってヤスも可愛い…

No.2-012 Mixd Feelings

feat. Styx - Mr. Roboto 「これが怒らずにいられるか⁉︎ しょっちゅう人の家に上がり込んで、邪魔ばかりしやがって! いい加減にしろクソ野郎!」 「凄い、スラング完璧! Aをあげるよ」僕は〈ピュー♩〉っと口笛を鳴らした。 そんな余裕ある僕の態度にヤス…

No.2-011 Mixd Feelings

その日も 「もう、いい加減にしようよ……」 と言うフレッドを、無理矢理引っ張りヤスの家に向かった。 ヤスは相変わらず、自室で勉強している。最近は僕等が来るとわざと勉強し出すんだ。 そうなると多少、気が退けるんだけどここで負けてはいられない!僕は…

No.2-010 Mixd Feelings

「まあユミコ、うちの子達がいるから大丈夫よ? 安心してちょうだい」 まったく……外面だけは良いんだから! ユミコはステイシーの言葉に頷くと僕に笑顔を向けた。 「本当に、ジェム君お願いします。家うちも私とあの子だけで寂しいので、昔のように気軽に来…

No.2-009 Mixd Feelings

その後、学校で家庭訪問があり担任の先生が、おっしゃったんです。 「岡部君は、勉強もスポーツも非の打ち所はありませんが、クラスでの協調性に欠けるようです。虐められている様子はありませんが、特に親しい友人もいないようです」 確かに、あの子の口か…

No.2-008 Mixd Feelings

「まったく……惜しい奴を亡くしました」 K氏は恭章が抱えていた主人のサックスに目を止め話しを続けました。 「その箱、例のラッパかな? 奴はバカが付く程、ラッパ好きだったからなぁ。インテリ風にジャズばかり聴いて……まあ腕前は中々のようだったし、メデ…

No.2-007 Mixd Feelings

フレッドが淹れたグリーンティーを味わうユミコの姿は以前はもっと、ハツラツとした印象だったけど今はどこか寂しげだ。 仕事がオフだったステイシーと一緒に僕等はユミコの話を聞いた。 それでヤスがすっかり冷めた少年になった理由が分かったんだ。 「2年…

No.2-006 Mixd Feelings

まだ片付いていない家の中で段ボールの山に埋もれているヤスを見て一瞬、唾を飲み込んだ。 ヤスはすっかり変わっていたんだ。 ルックスではなく、もちろん背も伸びて凄く成長していたんだけど何ていうか、雰囲気が…… 僕は戸惑いを隠すように笑顔を作った。 …

No.2-005 Mixd Feelings

今年はOレベル[一般教育終了試験]も控えているのでかつてないほど勉強の日々にうんざり気味だけどね。 フレッドは、そんな僕に気付くとアコースティックギターを2本抱えてスターライト・ルームに引っ張り出してくれるんだ。 春とはいえ、まだ寒さが残るな…

No.2-004 Mixd Feelings

初めて入った、おじさんの書斎にはかなりの数の本とレコードがあってまるで、宝物部屋のようだった。 ピカピカに磨かれたサックスでジャズを奏でる、おじさんが格好良くて興奮した僕は『星に願いを』を一緒に演奏してもらったんだ。 ダッド以外の人やギター…

No.2-003 Mixd Feelings

その頃のヤスは、とても大人しくて彼の母、ユミコのスカートの影からおずおずと挨拶したのを覚えているよ。 大きな黒目で、たどたどしく英語を話すヤスが可愛くて弟のフレッドを思い出させたっけ…… ヤスは僕が学校から帰るのを心待ちにしていて僕がヤスの家…

No.2-002 Mixd Feelings

とにかく日本はとってもエキサイティングな国だよ! 僕はマークが怪しい物を買いたがるのをスタッフ達と、必死で止めながら街を見て回った。 そして、13時を過ぎてランチへ。 「スシはもう食ったし、何か珍しいもん食いてえ」 と言うマークのために日本のス…

No.2-001 Mixd Feelings

日本に来て3日目。今日は一日中オフなんだ、やったね! 東京でのオフは、これが最初で最後だから既に皆んなロビーに集まりやれ六本木だ、原宿だと騒いでいた。 各々マップを手に取って土地っ子のヤスに、色々聞いている。 そうはいってもヤスも 「俺だって…